リフォームか建て替えか。長い目で見てお得なのは?

リフォームか建て替えか。長い目で見てお得なのは?

リフォームと建て替えの違いとはどこにあるのでしょうか?ここでは、それぞれのメリットとデメリットや「長い目で見てお得なのはどちらなのか」について解説しています。リフォームと建て替えで悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

リフォームと建て替えのメリットとデメリット

リフォームか建て替え、どちらを選ぶかはそれぞれのメリットとデメリットを把握し、自分たちの家の状況や予算、家族構成などを含めて総合的に考えていく必要があります。ここではまず、リフォームと建て替えのメリットとデメリットについてまとめています。

リフォームのメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 慣れ親しんだ建物を利用できる
  • 費用が抑えられる
  • 工期が短い
  • 産業廃棄物が少なく、処分費を抑えられる
  • フルリフォームの場合、外観や内装が新築同然のように綺麗になる
  • 建て替え不可の土地でもリフォームは可能
  • 各種税金が優遇される(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税)
  • 希望の間取りに変更できないケースもある
  • 家の基礎部分や内部構造自体の増強が必要な場合は建て替え工事よりも高額になるケースもある
  • 築年数が経っている建物の場合、基礎や柱などの構造体自体が古く、家の強度が弱い場合がある
  • 銀行の融資が満額出ない、または金利が高くなる

建て替えのメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 間取りや設備面の自由度が高い
  • 基礎や柱の構造体から作り直すので耐震性を高められる
  • 銀行の融資が通りやすい
  • 費用が高額になりやすい
  • 廃棄物が多く処分費がかかる
  • 土地の形状によっては建て替えが不可能な場合もある
  • 工期が長い
  • 各種税金がかかる(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税)

リフォームと建て替え、結局どっちが良いの?

コスト面を考えるとリフォームがおすすめ!

リフォームは工事費用が安く済み、工期が短いので仮住まい費用も抑えられます。さらにリフォームの場合はこだわるところはこだわり、妥協できる部分は既存の設備を有効活用するなどして予算に合わせた節約が可能。しかも税金の優遇も受けられるので、「費用をできるだけ抑えたい!」と考えている人にとってはリフォームがおすすめです。

コスト面を考えるとリフォームがおすすめ

また、法律によって建て替えができない土地(※)の場合もリフォームが有効です。内容にもよりますが、新築の約4分の3程度の費用で外観や内装も新築同様の綺麗で機能的な家を完成させることができます。

※再建築不可物件:建築基準法で定められた幅員(幅)4m以上の道路に2m以上接した土地でなければ原則として建て替えができないと法律で定められています。

長い目で見ると建て替えが良い場合も

ただ心配なのが、家の基礎と構造体の状態についてです。住宅基礎の寿命は一般的に30〜60年といわれています。

長い目で見ると建て替えが良い場合も

この年月は、住宅基礎に用いられているコンクリートと鉄筋の寿命です。鉄筋の鉄は空気や水に触れると錆びついてしまいます。この鉄筋をアルカリ性のコンクリートで覆うことで錆を防ぐことができているのですが、経年劣化によりコンクリートが中性化すると鉄の錆を防ぐことができなくなります。コンクリートが中性化され、鉄の約20%が錆びついてしまった時に住宅基礎は寿命を迎えるといわれているのです。

リフォームでは家の基礎と柱などの構造体はそのまま使用するのが前提なので、築30年以上を経過した家の場合、安全性の面から現在の構造体の状態を診断した上でリフォームか建て替えかを判断するのが望ましいでしょう。長い目で見ると、家の耐震性など安全面から考えて建て替えの方が良い場合もあります。

リフォームと建て替え、どちらも対応できる業者が安心

リフォームか建て替えか、予算面や現在の家の状態によって、どちらを選ぶべきかが変わってきます。予算面からリフォームを希望していても、現実は安全面から見て建て替えが必要な状態かもしれません。

ここで大切なのは、「リフォームと建て替えのどちらにも対応できる業者を選ぶこと」です。どちらにも対応できる業者であれば、あなたの家の状態や予算面を総合的に考えた最適な提案をしてくれるはずです!家の状態や希望に合った工事をしてくれる業者と一緒に納得のできる家づくりをしていきたいですね。