信頼できるリフォーム業者を見極める!5つのポイント

信頼できるリフォーム業者を見極める!5つのポイント

満足できるリフォームを行うために大切なのが、リフォーム業者選びです。ただ、「リフォームは初めて」という人にとっては、どのような基準で業者を選べば良いのか難しいところです。ここでは、「信頼できるリフォーム業者を見極めるポイント」についてご紹介していきます。大切な家のリフォームを失敗しないためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

リフォームの内容について納得のいく説明があるか

リフォームの見積書の内容は専門用語が多く、素人にはわかりづらいものです。その内容について、素人でも理解できるようにしっかり説明してくれるかどうかは業者選びの重要なポイントとなります。

必要のない工事を無理にすすめてこないか

特に業者側の意見を押し通そうとしてくるようなところは要注意です。自分たちの希望を丁寧に聞き取り、なるべく希望に沿うように進めてくれる業者を選びましょう。業者側のプロの視点から見て、工事内容のメリットとデメリットなどを提示しながら納得のいく説明をしてくれるのが望ましいですね。

また、施主の前で他のリフォーム業者の悪口を口にするような業者にも注意しましょう。他を悪く言わなければ選ばれないような業者は信頼できません。

必要のない工事を無理にすすめてこないか

正しい知識をもつリフォーム業者であれば、その家の状態を確認して「必要なリフォーム工事 」と「>必要のない工事」についての判断ができます。また、その理由についてもわかりやすく丁寧に、納得のいくまで説明してくれるはずです。

注意しなければいけないのが、必要のない工事を無理矢理すすめてくるリフォーム業者です。無駄な内容の工事を勝手に行って、施主側に高額な費用を請求するという被害は、リフォーム工事のトラブルとしてよく耳にする話です。しかも、そういった工事の多くは手抜き工事であることが多いのです。いたずらに不安だけを煽って必要のない工事の契約を迫ってくるような業者だと感じたらキッパリとお断りをするのが一番です。

適正な価格でリフォーム工事を受けられるか

リフォーム工事をする際に、どうしても気になるのが費用面です。希望するリフォーム内容を適正な価格で受けられるかどうか、しっかり確認しておきましょう。

適正な価格でリフォーム工事を受けられるか

大手の住宅メーカーなどの場合、工事金額の見積もりが高い傾向にありますが、これは実際に工事を請け負う下請け企業へのマージンや広告料などの上乗せ分が工事金額にかかっていることが多いからです。確かに「大手だから」という安心感はありますが、大手に頼んでも実際の施工は地元業者というケースは多いので覚えておきましょう。

極端に安い金額を提示してくるリフォーム業者については、使用する建材や工事を請け負う職人の質などを落としている可能性があるため注意が必要です。工事の質の低下は、家の安全性の低下につながります。大切な家のリフォームですから、一定の質を担保した適正な工事を適正な価格で行ってくれるリフォーム業者を選びましょう。

複数の業者で見積もり金額を出してもらった場合には、高い金額の業者には「どの部分で費用が余分にかかっているのか」、低い金額の業者には「どの部分で費用を抑えているのか」を確認してみると安心です。

マナーがしっかりしている業者か

工事中のマナーについても、リフォーム業者を選ぶ大切なポイントとなります。特に、家に住みながらリフォームを行う場合に、工事中の業者のマナーが悪いと大きなストレスがかかってしまいます。家の中に廃材や工具などが散乱していたら、いくら工事中でも嫌な気分になりますし、きちんとした工事が行われているのかさえ不安になってしまいそうです。

また、リフォーム内容によっては大きな音が出るなど近隣住民への配慮が必要なケースもあります。近隣対応としては、工事前に工事内容や期間(休日の施工の有無や日中の工事時間について)、何かあった際の連絡先などを記載した書面をもって挨拶に回ってくれる業者が望ましいです。清潔感があって丁寧な挨拶をしてくれるなど、基本的なことがしっかりできる業者を選ぶことで、工事期間中も気持ちよく過ごすことができるでしょう。

何かあった際にスピーディな対応をしてくれるか

リフォーム工事は、内容の打ち合わせから完成まで、業者との付き合いが頻繁になります。リフォーム内容についての変更や工事中に対応してほしいことが起こった場合、その都度スピーディな対応をしてくれる業者だと安心です。

臨機応変な対応や小回りがきくのは、やはり地元密着のリフォーム業者です。何かあった時の対応スピードが早いのはもちろんですが、その地域の特性をよく理解しているのが地元密着業者の良いところ。特に帯広市のように雪国という特性がある場合、地元業者ならではの提案が満足のいくリフォーム内容につながるケースが多いと言われています。

どのようなリフォーム業者を選ぶべきか、その基準は人によってさまざまですが、ここでは「これだけはおさえておきたい」というポイント5点をまとめてみました。最終着地は長く住み続けられる家の完成ですが、その過程も良い思い出となるようなリフォームを行うために、丁寧な対応を心がけているリフォーム会社を選ぶようにしていきたいですね。